白水合資について

創業明治5年

当社は明治5年(1872年)当地において生活雑貨用品店として私の曽祖父、白水喜三右ェ門が白水商店を創業致しました。酒、塩、半紙、足袋、ランプ用油等の販売から大正初期に『つちやたび』代理店となりました。
昭和40年頃よりギフト需要が高まり、社名を合資会社白水荒物店 屋号を白水合資とし、ギフトに特化した業務を行っております。昭和60年 株式会社 白水 設立現在に至っております。
SNSの及や生活様式の変化に加え、少子高齢化等変化の激しい時代ではありますが、時代のニーズに合った変革を先取りしていく企業を目指して頑張っていく所存でございます。
今後とも宜しくお願い申し上げます。

遺影写真

近年は、関連業務として、遺影写真撮影サービスを始めました。 このサービスを始めたのは、仏事や香典返しの際にお客様から「遺影写真に苦労した」という話が多く聞かれたことがきっかけです。 「遺影写真の準備がなく、間に合わせるのにバタバタした」「適当な写真がなく、旅行や会社で撮影した集合写真から選び引き延ばしたため画像が悪くなった」「葬儀屋さんに準備の加工を頼んだら値段が高かった」など、皆様、非常に苦労されている方が多いようです。 そこで、就活として遺影用のお写真をご用意するお手伝いをしたいと考え、遺影写真撮影サービスを始めました。 遺影写真は、葬儀の際にご家族へのご負担を軽減する贈り物です。 また、ご自身も、遺影にどんな写真が使われるのだろう?という不安はございませんか。 ご自身もご家族も納得でき、ぜひ遺影に使いたいというお写真を用意されませんか。 ぜひ、お気軽にご相談ください。

pagetop